汚れ眼鏡に明日は無し
汚れた眼鏡を掛けているやつは明日を迎える必要など無い。 澄み切った眼で己のヴィジョンを描くべし。
プロフィール

truth

  • Author:truth
  • 天狗になってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍び湯
温泉好きのシガナイ同僚と共に、滋賀内の良き温泉を探し求めて甲賀に在る某温泉に行く。
甲賀といえば忍者。多分、忍者が人目を避けてひっそり体を休めるための秘湯があるだろう。
期待は高まるばかりである。

車で約1時間ほどで到着。

IMG_0258.jpg


甲賀流忍びの宿。看板のヒビ割れが忍者の歴史を十分に感じさせてくれる。
ますます高まる期待を胸に、足早に入り口へと急いだその瞬間、

「痛てててて」。

足の裏に激痛が走る。
足元をよく見ると撒きビシがばら撒かれている。
そうか、よく考えるとここは忍びの里。数々の罠が仕掛けられていても十分おかしくない。
そこまでして来るものを拒むからには、きっと誰にも知られたくない秘湯があるに違いない。
憶測が確信へと変わっていく…。

足裏に刺さったビシを取り除き、再度刺さらないように忍び足で入り口へと向かう。
入り口へ辿り着くとそこには…

「お帰りなさいませ、ご主人様。」

IMG_0259.jpg


メイドならぬメイド狸がそこに居た。近づいてよく見ると、死んだような目をしている。怖い。水木茂の漫画の世界に出てきそうなキャラだ。此処では冥土狸と呼んだほうがしっくりくる。

冥土狸に案内されるまま受付へと向かう。
受付には誰も居ない。カウンターと木製の壁があるだけだ。

「この鐘を鳴らせば受付係がすぐに来ます、ご主人様。」

妙な違和感を覚えつつ、鐘を鳴らす。カーン。
すると突然、普通の壁だと思っていた部分がくるりと回転すると同時に受付係が現れる。

「お客さん、入浴代800円になります。」

派手に登場しときながら、いたって普通のことを言うなぁ。
お金を払い、早速温泉へと向かう。
数々の試練を乗り越えて来たのだから、さぞ素晴らしい秘湯だろう。
服を脱ぎ冬の寒さに震えながら湯船へ向かうと、そこには若干カビ臭い内湯が現れる。

「ああ、これが秘湯の匂いか。」

これまでに訪れた温泉では味わえない空気を胸一杯に吸い込む。興奮を抑えつつ体を清めた後、湯船につかる。
が、しかし、

「…ぬる~いっ!!」

正直かなり驚いた。温泉ではなく「ぬる」泉ではないか。露天風呂に至っては水である。まさかさっきの狸達に化かされていたのだろうか。

ふと周りを見渡すと、さっきまで見えていた忍者屋敷と狸の姿が消えている。
身も心もすっかり冷え切った一行は、さらにアイスクリームを食べて冷えるのであった。滋賀に良い温泉はないのだろうか。

温泉探しの旅はまだまだ続く。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
温泉
地質学をかじった私がうんちくたれさせてもらうと,滋賀あたりは沈降地形で(琵琶湖ができた理由)たぶん温泉できる場所じゃないんだと思うよ.
あきらめたほうがいいかもよ・・・

うちの近所のがんばって作った温泉の源泉も冷水で,湯船は薬品臭いです.

温泉はいりたいねぇ~
【2006/12/11 12:49】 URL | まこ #- [ 編集]


九州以外の温泉って、果たしてどんなもんなのか逆に入ってみたい気がしますですばい。
どっかいい温泉があったら、報告よろしくですばい。
【2006/12/11 22:27】 URL | gotty #- [ 編集]


>まこさん
なるほどです。琵琶湖ができた理由はチンコウ地形なんですね。
確かにこっちに来てから結構温泉めぐりをしてるんですが、未だ良い温泉に出会ってません。

京都では桂にある「仁左衛門の湯」と鞍馬神社近くの「くらま温泉」に行ったことがあります。
仁左衛門はスーパー銭湯的で温泉という気がしませんでした。それはそれで楽しめるんですが、やっぱり景色の良い露天風呂でマッタリする方が好きです。
「くらま温泉」は小さな露天風呂が一つあるだけで入浴料1,000円で憤慨しました。
さらに、夜に行ったので辺りは真っ暗。何も見えなかったので、いまいち楽しめませんでした。なんとか足をバタバタさせて自家製ジャグジー風にして楽しもうとしたのですが、無理がありました。

どこか京滋の温泉でお勧めの所があったら教えてください。

>ごttyさん
関西で未だ良い温泉に出会ってません。雄琴温泉という有名なスポットがあるんですが、温泉よりも特殊浴場の方が有名なんで、なかなか純粋な気持ちでは行けません。(嫌われ松子の一生にも登場したらしい。)
やっぱ九州、特に熊本の温泉の方がよかよ。(過去を美化してるわけじゃなかとです)
九州では山の方に行くと温泉が当たり前のようにありますが、こっちにはありません。
温泉肌が肥えているため?こっちの温泉がかなりショボく見えます。

黒川、杖立、平山、山鹿、別府、湯布院、霧島、指宿。
温泉の宝石箱や!!
【2006/12/11 23:26】 URL | truth@草津温泉 #- [ 編集]


和歌山の白浜いったとき寄った温泉は300円くらいで
目の前で太平洋の荒波がざっばんざっばんいっててよかったですよ♪
男湯は高台の展望台から間違いなく覗かれる立地だったそーですが、、
ついでに男湯と女湯との境も微妙に低くて
頑張れば男湯覗けそうな感じだったです。
シガからは激しく遠いでしょーが
けっこーいいとこなので一度訪れてみてください☆
【2006/12/11 23:56】 URL | さと #- [ 編集]


>さとさん
太平洋から日本の夜明けを眺めながら温泉につかるってオツですね。
逆に考えると男湯からも女湯が見えるんですね。
Give and Take。需要と供給。赤い狐と緑の狸。
酒と泪と男と女。Boy meets Girl、それぞれの。

行きます、行きます、行きます。
温泉の名前をこっそり教えてください。
【2006/12/12 00:20】 URL | truth #- [ 編集]


白浜の崎の湯というとこだったと思いマス。
詳しく書いてる人いたのでぺたっとしときます↓
ttp://www.asahi-net.or.jp/~ds2m-kns/onsen/sakinoyu.html

男湯から女湯見えるかどーか確認してきてくださいっ♪
【2006/12/12 23:35】 URL | さと@こっそり #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://truth2005.blog7.fc2.com/tb.php/129-709163c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。