汚れ眼鏡に明日は無し
汚れた眼鏡を掛けているやつは明日を迎える必要など無い。 澄み切った眼で己のヴィジョンを描くべし。
プロフィール

truth

  • Author:truth
  • 天狗になってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚魚魚、魚を食べると、頭頭頭、頭 が良くなる
【6/23】

同僚が会社で私とすれ違うたびにいつも「現役漁師が営んでいる、知る人ぞ知る美味い料理店が福井県敦賀市にある…。」と耳元で囁くので、「もう我慢できない!」と考え、行ってきました。
その店に行くためだけに。
電車で片道2.5時間でしたが電車の旅に慣れているので余裕でした。

(店到着)

店の外観からは何の店なのかさっぱり予測できない怪しい佇まい。

IMG_1078.jpg


強引に舟が上に取り付けられています。危険な香りがする店構えを前にし、入るのをためらってしまいました。
狐につままれた気分で店に入ってみると、これまた予想外の内装。一見スナックです。

IMG_1080.jpg


スナック的なカウンター席にショッキングピンク色のテーブルと椅子。本当に魚料理がでるのか?と疑ってしまうほどでした。
しかし、潮の匂いがぷんぷん立ち込めているので、漁師の気配が十分に感じられました。
思わず林家パ○子のように「キャーー!!」と狂乱しながら写真を撮ってしまいました。

そして店主登場。
もう歳は50を過ぎているはずなのに現役バリバリの漁師さんで筋肉モリモリ。
「ガハハ!ガハハ!」と、非常に愛嬌のある笑顔を振りまく可愛らしい店主でした。
漫画・ONE PIECEに出てきた誇り高い巨大戦士のようでした。

ここは、あらかじめ予約する際に予算を伝えておくと、それに合わせてその日に捕れた魚介類を出してくれるというコースになっているので、値段を気にせず安心して食べることが出来ます。
しかも、いわばパルプンテのようなもので何が出て来るか分からないという楽しみもあります。
今回は5,000円でお願いしました。さあ、かかってきやがれ!

早速出てきたのは黒鯛メインの刺し盛!!

IMG_1083.jpg


魚がバリ新鮮!!
「わしゃ~26年間生きてきたが、こんな美味い刺身を食ったのは初めてじゃわい」とうなりをあげるほどぷりっぷりして大変おいしゅうございました。
黒鯛ギザカッコヨス、ギザカッコヨス。

IMG_1084.jpg


そして、うにを生きたまま食らう!!

IMG_1088.jpg


本体は真っ二つにされているのに針がうにうに動いていて、本気で凄かったです。グロテスク!!ウニ破壊!!
生命を弄ぶような行為にささやかな罪悪感を感じつつも「甘え、うめえ」言いながら食べてしまいました。

そして、アワビを生きたまま食らう!!

IMG_1090.jpg


え~、心臓の悪い方はお控えください。動いてます。

そして、スズキの塩焼き。ゲフッ。

IMG_1093.jpg


「鈴木さん、ちょっこすおかしなことなっとーよ!!」と104君風にツッコまざるを得ませんでした。プリッとした身を生姜醤油に少し付けて食べる。バリウマ。

そして、とどめの一品がこちら!!

「たこの丸焼き」

IMG_1095.jpg


「ひょええええええ!!」と桂小枝ばりのリアクションをとってしまいました。
本気でグロい!!グロリアスだ!!
正直、これはきつかった。お腹が一杯なのに締めにタコ一匹を食うのは自殺行為でした。

海の幸をすっかり満喫したあと、さらに店主にビールをご馳走になり身も心もすっかり日本海色に染まってしまいました。このまま冷たい日本海に沈められても後悔は無い…。

かなり良い所でした。また何度か行きたいと考えています。。

以上、自己満足的日記でした!!
スポンサーサイト
この記事に対するコメント


秘境がありますな、日本にも。
これで5000円は安い!
というか、もし3500円とかにしておいたらタコは出てこないで済んだり?
しかしあのタコがあってこそこの日記が有り得た、という気もするので
やはりタコに感謝。
タコタコ言って申し訳無い
【2007/06/28 15:07】 URL | タケマ #- [ 編集]


>タコマさん
ホント、この質と量で5,000円は安いです。
予約するときにタコ無しでお願いできるようです。別の魚介類が出るそうです。
イカ臭い日記に引き続き、タコ臭い日記になってしまいました。タコス!
【2007/06/28 21:20】 URL | truth #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://truth2005.blog7.fc2.com/tb.php/165-cf42f4d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。