汚れ眼鏡に明日は無し
汚れた眼鏡を掛けているやつは明日を迎える必要など無い。 澄み切った眼で己のヴィジョンを描くべし。
プロフィール

truth

  • Author:truth
  • 天狗になってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブな日々
黄金週間が終了した後の週末に自分が好きなアーティストのライブが立て続けにあり、充実した週末を過ごしてます。
■5/13…eastern youth Live@京都 磔々
■5/21…ZAZEN BOYS Live@大阪 なんばHatch
ブログでは書ききれない部分も有りますが、簡単にレポート。
京都の老舗ライブハウス『磔々』はもともと酒蔵だった所を改造してライブハウスにした所です。そのため、普通のライブハウスと違って内装的に非常に趣きのある雰囲気が漂う場所です。音的にはあまり良くないんですが、それを補う佇まいはあると思います。

060513_2037~01.jpg


もともとライブハウスではないため、ステージがかなり低く、後ろの方から見ていた私にはeastern youthの姿はほとんど見えませんでした。
ライブでは写真を撮ることが出来ませんでしたので、その時の記憶を90年代少女マンガチックに表現してみました。

TAKUTAKU.jpg


へたくそな絵で申し訳ないですが、この困った場合に頭から汗をかくのが90年代っぽく無いですか?
要するに頭しか見えなかったわけです。観客達の黒・茶の頭群の隙間からかすかに見えるスキンヘッド。ライブの内容は、アルバム『365歩のブルース』の曲を主にしながら昔の曲を織り交ぜるといったものでした。『青すぎる空』のイントロのベース「ボッボ~ン、ボボボボッボ~ン」が聞こえたときは、全身に電流が流れた気がしました。その後『男子畢生危機一髪』が始まったときには感動の涙を止めることがもはや不能でした。
いや~、素晴らしかったの一言です。

ZAZEN BOYSのライブを大阪の地では初めて見たんですが、大阪のキッズ達は本当に暴れる!明らかに他の客を煽るかのようにぶつかってくるキッズもいて、疲れました。本気で再起不能になるような浣腸を食らわしてやろうかと何度も思いましたが、自分の指が臭くなるので止めときました。でもプラスに考えると、どんなリズムでもノルことの出来る大阪人は凄いな~と感心します。いや、せんよ。
久々にこんなモッシュがあるライブに行った気がします。
ライブ自体は向井の好き勝手にやってる感じで非常にオモシロかったです。「半透明少女関係」もライブで初めて見れて感動です。

今日はZAZEN LIVEで疲れたのでこの辺で。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

ZAZEN DE MOSH とは日本人もお洒落になりました。
障子の様な音作りの彼らに対して屁のツッパリな感はあるが、
大阪人に対する偏見と一緒に料理するとまろやかな舌触り。
00'sの漫画では汗に取って代わって何が困ったちゃんな状態を表すのでしょう?
【2006/05/23 08:50】 URL | タケマ #- [ 編集]


〉タケマさん
相変わらずパンチの効いた鋭い突っ込み、ありがとうございます。
90年代少女漫画風というのは、単にちびま○こちゃんっぽく書いたということです。スルーでお願いします。自分でボケを説明すると切ないとです。
【2006/05/23 14:27】 URL | truth #- [ 編集]


ライブな日々、うらやましかぎりです。
半透明少女関係、一昨年に行ったときは聞けなかったあれを聞いたわけですね。
ほんとにうらやましい。
最近、ほんとに行ってない。ライブ。
暇がない…
「暇はつくるもの」というtruthさんの名言を心の糧にして、これから努力していくしょじょんです。
あとは、距離の問題だな…
【2006/05/27 21:37】 URL | gotty #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://truth2005.blog7.fc2.com/tb.php/82-9a92f1ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。